※掲載されている写真は、個人情報保護法に基づき許可を得て掲載されています。

<< 福祉用具サービスメニューのご案内 | TOP | 梅雨の合間に!! >>
2010ワールドカップ私見
 

4年に一度の祭典、ワールドカップ(W杯)が始まりました。みなさん観戦していますか?

ハナオは一試合も観戦しておりません。ニュースのスポーツコーナーのダイジェストだのみです。

 

今回のW杯の優勝国予想は、ブラジルとスペインを本命に推す声が多く聞こえますが(スペインは6/17時点で予選1敗…)、果たして本当にこの両国が最も優勝に近いのか?6つのジンクスを基に「真の大本命」を考えてみました。

 

ジンクス1:欧州勢は他の大陸で頂点に立てない

該当国:フランス、オランダ、イングランド、イタリア……

これまでにW杯はヨーロッパ以外の大陸で8回開催されていますが南米や北中米、アジアなどで行われたそれらの大会で、ヨーロッパの国が頂点に立ったことは一度もない…

 

ジンクス2:連覇は困難

該当国:イタリア

62年大会のブラジル以来タイトルの防衛に成功した国はひとつもない。62年のブラジル以外では、38年大会を制したイタリアが唯一でこの事実が連覇の難しさを物語ります。

4年というのは選手やチームを取り巻く環境、選手の世代交代など…長すぎる時間なのかもしれません。

 

ジンクス3:「死の組」&「激戦区」からは王者は生まれない

該当国:ブラジル、ポルトガル、ドイツ

W杯では複数の強国や実力国が同居する「死のグループ」が生まれるケースが珍しくありません。こうした厳しい組に入った国が優勝した事例は近年ではひとつもないのです。

 

ジンクス4:優勝未経験国は自国でしか勝てない

該当国:オランダ、スペイン、ポルトガル

これまでにW杯で優勝した国はわずかに7国。そのうち5カ国が初優勝を自国開催の大会で遂げています。ホームのサポーターの影響が大きいのですね。

 

ジンクス5:グループHの国はファイナルに進めない

該当国:スペイン

大会に最も遅く登場する組がH組です。予選の最終試合である3戦目を終えてからトーナメント戦に入るまでの時間の猶予がないのが原因でしょうか。他チームと比べて厳しい日程が行く手を阻んでいるのかもしれません。

 

●ジンクス6:コンフェデレーションズ杯王者は優勝できない

該当国:ブラジル

97年の第三回大会以降同大会を制した国がその翌年のW杯で優勝を果たしたことは一度もありません。コンフェデ杯の歴史が浅いのでジンクスに定義するのはやや苦しいですが…

 

以上6つのジンクスに該当しないのが…

 

アルゼンチン http://members.jcom.home.ne.jp/wcup/argentina.htm

 

アルゼンチンのステキところを紹介させてください。

●リオネル・メッシ(背番号10番。あのディエゴ・マラドーナ正統後継者といわれている選手です。「5人抜き」「神の手ゴール」「左利き」「FCバルセロナ所属」というマラドーナと共通点が多いのも正統後継者といわれる所以です…)を擁する強力な攻撃陣。

●観客を厭きさせないパスワーク

●優れた攻撃 攻撃へ転じる際に必ずゲームメーカーに一本パスを通すスタイル〜固執ともいえるかもしれませんが…執念というか…なんというか〜 

●マラドーナが監督(いろいろ問題の多かった選手ですが…)

 

各ナショナルチームにはスター性を持つ選手がいるのが特徴ですが、アルゼンチンは過去を振り返ってもスター選手が豊富です。

ケンペス、マラドーナ、カニーヒア、サネッティ、リケルメ(今回は代表から外れました…)、オルテガ…

などなど数えればキリが無いのですが…

まあ多分に私見が入っております。サッカーを始めた頃からファンですから。

 

果たして今大会の優勝国はどこになるのでしょうか?W杯マニアの方、数々の反論やご意見があるかと思いますが

…この投稿は一アルゼンチンファンとしての投稿ですからネ…ご勘弁を…

それ以前に「日本を応援しろ」と声が聞こえてきそうですね…当然応援しておりますよ。日本人ですから。

ライブでの観戦はせずにダイジェストがメインですが。でもアルゼンチン戦は観戦したいですね。

 

すみません…仕事に全然関係ないですね…今頃反省…

 

さて今日もがんばりましょう!

ハナオ

posted by forest-yougu | 09:05 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
最近の記事
カテゴリー
アーカイブ
最近のコメント
OTHERS
Search this site