※掲載されている写真は、個人情報保護法に基づき許可を得て掲載されています。

福祉用具貸与〜上限制で前月比3.9%減 単価・利用者ダブル減〜

 福祉用具貸与の18年10月分費用額が前月比で▲3.9%と、大幅な減額になった。10月からの全国平均貸与価格の公表と上限価格制の導入により、受給者数と1人単価がともに減少したのが、予想を上回る大幅な減額になった要因だ。介護給付費分科会の改定検証でも、上限制の導入の影響で福祉用具貸与の費用額が4億5,000万円の削減になったと報告された。

 

 

 18年11月審査分(主に18年10月サービス分)によると、受給者数は221万人(前月比▲2.6万人、▲1.2%)、費用額は276億円(同▲11億円、▲3.9%)、1人当り費用額は12.5千円(前月0.3千円、▲2.7%)と、業界の予想を上回る影響になった。

 昨年7月13日、厚労省は3カ月後の10月からの施行をめざして、月平均100件以上の貸与実績のある2,807商品について、その全国平均価格と上限価格を公表した。10月から福祉用具専門相談員は全国平均価格の説明を行うとともに、上限価格を超えるレンタル製品は上限以下まで貸与価格の引下げが必要になった。その影響が介護給付費実態統計で単価と受給者数の減少となって表れた。

 

 

 

 18年介護報酬改定に関する厚労省の検証・研究事業の報告でも、給付減の状況が出された。上限価格を超える貸与品の費用総額は、総貸与費の1.5%に相当する3.42億円になった。これに、上限超で貸与終了となった分(1.18億円)、上限を超えない貸与の減少分(0.68億円)を加える一方、上限を超えない貸与での増加分(0.79億円)などを引くと、上限制導入によって削減した費用額は4.5億円になる。

 日本福祉用具供給協会(小野木孝二理事長)が独自に実施した貸与事業者への上限制導入影響調査では、▲2.6%の収入減という結果になっていた。実際には、受給者数の減少が加わり、予測を上回る▲3.9%まで事業収入が落ち込む結果になった。

 全体としての費用額の落込みは▲3.9%だったが、要介護度別に見ると、重度者ほど減少幅が大きくなった。要介護度別の落込み幅は、要支援1の▲2.1%から要介護5の▲4.6%まで重度化に伴って費用額が落ちた。重度者は重度化に伴って日常の利用頻度が落ちる場合があり、そうしたことも貸与をやめる要因と考えられる。

 また、都道府県別にみた18年9月から10月にかけての費用額の推移についても、富山県の▲9.4%、秋田県の▲9.3%と1割近い落込みがあった。その一方で、高知県+0.5%、佐賀県+2.4%と前月を上回るなど、都道府県によって影響に大きな差が出た。比較的貸与価格の安い地域では、地域相場を上回る全国平均価格の開示によって貸与価格が引き上げられたケースも見られる。

 今年度以降、新製品が3カ月ごとに上限制の対象に見直されるほか、検証結果を踏まえておおむね1年ごとに上限制の見直しが実施される見込みだ。

 

                                            シルバー産業新聞より抜粋

 

 

 

 

 

posted by forest-yougu | 07:41 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
春の便りが届きました✿

 

 4月に入り、宮城県でも桜の開花宣言が出ました!

地元の桜は種類によって八分咲きになっていましたが、まだ満開まではあと一息というところでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日曜日ということもあり、公園には子供連れの家族もたくさん遊びに来ていました。

来週の週末は満開の桜を見ながら平成最後のお花見を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

 


 

posted by forest-yougu | 12:24 | 福祉用具Yo!goo!! | comments(0) | trackbacks(0) |
福祉用具利用体験会

3月22日、仙台市内の某施設様より、「福祉用具の利用体験をしたい!!」とお話をいただき、

リハビリ担当の職員様を対象とした福祉用具の利用体験会「出前研修会」を実施してきました。

今回は歩行器(車)についてです。

 

最初の30分は、歩行器とシルバーカーの違いや種類について説明させていただき、

その後、実際に今回持参した歩行車5種を利用していただきました。

初めての講師で、やや緊張気味です(*^^)

 

 

 

 

 

 

 

実際に室内や屋外で利用していただき、それぞれの特徴を確認。

皆さん積極的に使用されたり、質問もどんどん出て、

こちらの説明も熱心に聴いてくださり大変有意義な時間になったと感じました。

 

今後もご依頼があれば、このような勉強会や利用体験会を行っていきますので、

興味を持たれた方は、ご連絡をお待ちしてます。

 


 


 

 

posted by forest-yougu | 08:27 | 福祉用具Yo!goo!! | comments(0) | trackbacks(0) |
2019 福祉用具専門相談員地域養成講習 石巻

 

『株式会社エルフ倶楽部』主催の講習会が316日(土)からスタートしました。

(講習期間:316日〜427日の毎週土曜日)

場所は石巻の『社会福祉法人祥心会様』のご厚意で講義会場をご提供いただきました。

http://www.i-shoshin.or.jp/

 

講師は、地元石巻の地域包括支援センターの社会福祉士さん・ケアマネジャーさん・

弊社の福祉用具専門相談員とセラピストが担当します。

 

900から1800までの長丁場ですが皆さん一生懸命に受講されています。

「福祉用具貸与事業所を被災地の石巻で新規で開設したい。」「メンテナンスの知識だけではなく、より深い知識を習得したい。」「資格取得をしてキャリアアップしたい。」

受講理由は様々ですが、「地域や法人の枠を超えて今回のような企画に携わる機会」に感謝です。

 

今回の講習会、私は運営がメインとなります。講師は総てスタッフへお任せしました。

「自分でパワーポイントを作らないと話せない→膨大な資料を作り直すスタッフ」「緊張します。何を話せばよいのか・・・」「(わかりやすい)パワーポイントの作り方がわからない・・・」「相手にうまく伝えるにはどうすればよいのか・・・」「8時間も話すネタが・・・」「どんな方が受講生なんですか?」「介護保険制度に初めて触れる方々に何を話せばよいのか・・・」

 

大丈夫!講習会に際し事例検討も行ったし資料も万全。

『教える』ではなく『共感できることは何か?を探し、それを伝えること』が大切。営業・広報の基本だよね。

日々研鑽している臨床で学んだことをそのままお伝えすればよい!

 

講習会初日のスタッフの姿を見て成長を目の当たりにして実は少し感動し、また、私自身もまだまだ成長したいと感じました。

 

興味のある方や見学したい方、お手伝いしてもよいなあ()と思った方は一声かけてください。

 

 

posted by forest-yougu | 08:22 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
福祉用具研修会

 

ケアリレーションにて行われた車椅子・手すりの研修会へ参加してきました!

 

今回の車椅子は体の大きな利用者さんにも対応できる★ビッグサイズ★

隣においてある車椅子が子供用に見えました。

 

 

 

 

手すりは床と天井の接地面の素材に変更があり、さらに安定性がアップしているとのこと。

ケアリレーションの天井で試そうとしましたが、天井が高く実際に設置して試すことは出来ませんでした。

 

 

福祉用具はこれからもどんどん新しい商品や改良された商品が増えていくので、

新しい知識をどんどん増やしていきたいと思います!!

 

posted by forest-yougu | 19:06 | 福祉用具Yo!goo!! | comments(0) | trackbacks(0) |
最近の記事
カテゴリー
アーカイブ
最近のコメント
OTHERS
Search this site